「ジェンティーク Jentique ゲートレッグ バタフライテーブル」を買取させていただきました

まずは一度弊社にご連絡を。 お電話、または LINEから。

以下のフォームからのお問合わせが早くておすすめです。

お問い合わせフォーム
Image

ジェンティーク Jentique ゲートレッグ バタフライテーブル

イギリスJentique(ジェンティーク)社による、ゲートレッグ バタフライテーブルです。

シーンに合わせて天板を折りたたむことができ、両天板を閉じると幅が220mmとコンパクトに収まります。脚部の造形が特徴的で折りたたんだ姿も非常に美しいテーブルです。

折りたたみ式テーブルの一種であるゲートレッグテーブルは、中央のコンパクトな天板、左右に丁番で繋がった天板の組み合わせにより、大きなサイズからコンパクトな収納状態まで可変可能な機能的なテーブルです。収納状態の時は壁際に寄せることでコンソールテーブル(飾り台)としても使えます。

ジェンティーク Jentique
元玩具職人のGeoffrey Bowman Jenkinsと妻Edithによって1930年代に創業したイギリスの家具ブランド。1960年代にはデンマーク家具にインスピレーションを受けたチークのモダンファニチャーを製造、異色の経歴を持つ創始者による独特なデザインとその品質で世界中にファンが存在している。G-PLAN、McIntoshと並びミッドセンチュリーのイギリスを代表する家具メーカーのひとつ。

チーク(本チーク) teak
タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「インドネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。

ブナ(ビーチ) beech
白くきめ細かい木肌に割れにくい性質を備えた素材、材面には放射組織の小さな斑が入る。強度が高く粘りと弾性に富むので曲げ木の材料としても最適。着色の無い材は使い込む程に飴色に変化する。

まずは一度弊社にご連絡を。 お電話、または LINEから。

以下のフォームからのお問合わせが早くておすすめです。

お問い合わせフォーム
Image

買取させていただいたお品はこちらで販売しております

イズヤリサイクルではグループ全体で買取から販売まで一括で行うことにより、「ジェンティーク Jentique ゲートレッグ バタフライテーブル」のより高額な査定と、「ジェンティーク Jentique ゲートレッグ バタフライテーブル」のよりお安い商品の提供を行っております。「ジェンティーク Jentique ゲートレッグ バタフライテーブル」を売るのも買うのもイズヤリサイクルへお任せください。